体幹を鍛え、全身を伸ばすヨガ

スポンサードリンク

じっくりゆっくりとトレーニングしよう

本日のトレーニングは、ヨガです。 普段焦って水泳の強化をしてしまっている方も多いと思うので、ゆっくりじっくりと行いましょう。 ポイントは呼吸と姿勢です。

今回のポイント

  • 1.呼吸について
  • 2.体幹をしっかりと
  • 3.ストレッチとして行なう

1.呼吸について

3.呼吸について ヨガの基本呼吸について、様々な方法がありますが今回は腹式呼吸法をおすすめします。 腹式呼吸のやり方は次の通りです。 1.おへそに意識を集中させ、鼻からゆっくりと息を吸い込み、お腹に空気を溜めて膨らませます。 2.お腹から空気を押しだすように、鼻からゆっくりと息を吐いてお腹をへこませます。 息を吐いた時は、お腹がぺたんこになるようにします。 呼吸のリズムは、3秒で息を吸って、6秒かけてゆっくりと吐くイメージです。

2.体幹をしっかりと

ヨガをやる最中、リラックスをしても良いのですが、体幹にはしっかりと力を入れましょう。 しっかりと体幹に力を入れることで正しい姿勢ができ、また水泳にも役に立ちます。 水泳をやる際にもしっかりと体幹を入れながら自由自在に身体を動かすので、そのトレーニングだと思ってください。

3.ストレッチとして行なう

今回のトレーニングは、強化という側面よりも全身を伸ばす、ストレッチするという側面のほうが強いです。 しっかりと全身が伸びることを意識しながら行ないましょう。 当然、体幹も入れつつですが、休日などは特に凝り固まった筋肉を伸ばすためにしっかりとじっくりやりましょう。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル