トップの競泳選手も取り入れているヨガトレーニング

スポンサードリンク

皆さん、良い姿勢で普段生活していますか?
良い姿勢で生活すると、良い日々が送れると言われています。
今日は日常にも役立ち、当然水泳にも役立つヨガストレッチをご紹介



ヨガでストレス解消、泳ぎも改善

今回は、ヨガを行なっていきますが、姿勢や呼吸について丁寧に意識を高めることで、水泳にも活きてきますよ。
3つのポイントをおさえていきましょう。

  • 1.姿勢について
  • まず、今回のトレーニングはストレッチに近いものがありますが、基本はヨガです。
    しっかりと背筋を伸ばしてトレーニングしましょう。


    が、水泳に役立つにはもう一工夫必要です。
    しっかりと身体を伸ばすのですが、体幹、特に腹筋を意識してヨガをやりましょう。
    背筋を伸ばしつつお腹はしめる。これで効果倍増です。

  • 2.ゆっくりと行う
  • 水泳の人たちは日々0コンマ何秒を争っているからか、ストレッチなどをゆっくりできない人が多いです。
    ギクッと思った方は、ぜひ今回のヨガはゆっくりとやってくださいね。


    ポイント3でもお伝えしますが、とにかくゆっくり時間に余裕をもってやる。
    たまには1分以内で…ではなく、2分以上かけて一つの動作をやる、と逆の制限をつけてみましょう。

  • 3.呼吸について
  • ヨガの基本呼吸について、様々な方法がありますが今回は腹式呼吸法をおすすめします。
    腹式呼吸のやり方は次の通りです。
    1.おへそに意識を集中させ、鼻からゆっくりと息を吸い込み、お腹に空気を溜めて膨らませます。
    2.お腹から空気を押しだすように、鼻からゆっくりと息を吐いてお腹をへこませます。


    息を吐いた時は、お腹がぺたんこになるようにします。
    呼吸のリズムは、3秒で息を吸って、6秒かけてゆっくりと吐くイメージです。


    この時にしっかりとした姿勢でやることを忘れないで下さいね。



    この記事は、youtube内『LienMagazineTV』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル