ひとかきひとけりのコツ

スポンサードリンク

平泳ぎにとってかなり重要となるひとかきひとけり。
なかなか練習が難しくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今日はひとかきひとけりの徹底解説を行なっていきます。



今回のポイント

  • 1.ストリームライン
  • 2.ストローク&ドルフィンキック
  • 3.リカバリー&キック
  • 4.浮きあがり



1.ストリームライン

さぁ、まずいきなりひとかきひとけりにいくのではなく、ストリームラインからチェックをしていきましょう。

ポイントはストリームラインをとった時に背中側がしっかりとまっすぐになっているかどうか。
平泳ぎは推進力があまり強くないため特に抵抗を減らす事に意識を向けましょう。

鏡が横にある状態で背中を見る。
また、床に寝そべってストリームラインを組んでみて、腰や足がしっかりと地面に着く状態か確認するなどして
しっかりと抵抗の少ないストリームラインが組めているか確認しましょう。


2.ストローク&ドルフィンキック

さて、きました、一番のパワー発揮場所。

手でストロークすると同時にドルフィンキックを放ち、推進力を得ます。

まず最初にストロークのポイントから。
腕に力がある場合は、別ですが、あまり力が無い場合は身体の少し近くをかきましょう。
パワーのある選手はかなり身体から遠い位置でかいていますが、トップアスリートでも肘は伸ばしていません。

肘を曲げて身体の近くをかくようにしましょう。
また、大きくS字ストロークなどはあまり意識しすぎない様にしましょう。
映像をみて適切な幅を見つけてください。

さて、続いてはドルフィンキックです。
身体の反動を上手く使いながらキックを打っていきます。

タイミングとしては最初手が動く時に全身の準備に入り、ストロークが終わるタイミングで蹴ります。
このタイミングについても映像を見ながらイメージをして、微調整をしていってください。

なかなかタイミングが取りづらいですが、少し大げさにやるくらいの方が良いです。
続いて後半は、リカバリーから浮き上がりまでをやっていきます。≪続く…≫

1 2
swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル