キックを強化する為には腹筋を使えるようにする

スポンサードリンク

キックを強化するポイントは腹筋

キックを強くしようとして足を強化している人をよく見ます。

しかし、水泳のキックは、足を強化した所であまり速くなりません。
大切な事はキックをした時に腹筋から打つ事です。



今回のポイント

  • 1.腹筋から打つとは
  • 2.注意するところ
  • 3.更なる強化をする為に



1.腹筋から打つとは

一概に腹筋から打つと言っても理解しづらいと思います。

どういう事かというと、サッカーボールがあるイメージでボールをけってみてください。
そうすると、身体を一度開いてから、キックをしますね。
身体がねじられることになると思います。

このねじり、を加速させる時に腹筋を使います。

この使い方ががクロールのキックなどで腹筋から打つ、ということに近いイメージとなります。


2.注意するところ

今回のトレーニング、強化をしようとしすぎると腰を痛めてしまいます。
何ででしょうか?考えてみましょう。

それは、腰が反った状態でやってしまう事が多いからです。
腰全体がしっかりと地面に着くようにしましょう。

イメージが難しい場合は、少しタオルをしいて、それを潰すような意識でやっていきましょう。


3.更なる強化をする為に

今回のトレーニングをしていくと、物凄く早くやってしまう方がいます。
ですが、強化という視点ではそれはあまり良くありません。

更に強化をしたい場合は、以下のようなパターンでやってみましょう。
・上げ下げに10秒かけてゆっくりと行なう
・幅を狭くして、下の方でゆっくりと数をこなす

無理のない範囲でしっかりとトレーニングしていきましょう!




この記事は、Best lower ab exercises: Legs elevation in 4 strokesより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル