進むバタ足のやり方と考え方

スポンサードリンク

凄い選手はバタ足でグングン進むのに、私は何で進まないんだろう。
そんなこと思う事はありませんか?
今日は、バタ足の基本的な考え方とそのコツを練習してきましょう。


足の甲を上手く使う

バタ足でうまく進む為には足の甲で水を蹴る必要があります。
水を蹴ると言っても叩けばいい訳ではなく、後ろに水を押さえないと前には進めません。


その為のまず第一歩は、内またで足を内転させてキックを打ちます。
こうする事で足がしなりやすくなります。


では、最初にプールサイドに腰掛けてキックを打つ練習をしてみましょう。
どうですか?水が真上にとんでいませんか?


水が真上に飛んでしまうと言う事は、水をその方向に押し出していると言う事です。
通常のバタ足をやった場合、身体は上に浮きますが前には進みません。
水が自分の前に飛ぶようにしましょう。


より水を前に飛ばすためには足首のしなりが必要です。
つまり、柔軟性ですね。


これが動画の中であるストレッチですが、先ほどと同様少し内またにして、親指を軽くつけるような状態で正座をします。
踵は左右に広げてOKです。
この状態から足首を伸ばすように膝をあげていきます。


凄い選手は、膝を胸に抱きかかえられるまであげられます驚きですね。
怪我にならないように急にやらないようにしましょう!


足首柔軟性をあげて、水がしっかりと前に押し出せるようになったら、バタ足を練習してきましょう。
動画でも言っていますが、一朝一夕には柔軟性も上がりませんし、早くもなれません。
毎日の練習でがんばっていきましょう!



この記事は、youtube内『TAKATNTAKA』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル