二人一組でやりたい平泳ぎキックのチェックポイント

スポンサードリンク

平泳ぎのキックは非常に難しいですが、一度進むようになるとドンドンと楽しくなっていく種目でもあります。
2人1組で練習してみましょう!


二人一組で正しいキックを会得しよう

「私、平泳ぎが一番得意です!」と言っている方の10%くらいが、キックがおかしかったりします。
よくよく聞くと、平泳ぎが一番楽なだけで、スピードは無視しているとのこと。


そういった方に限って、他の泳ぎが速かったりするので、不思議です。
平泳ぎのキックは一度出来ると自転車と同じで二度と忘れません。
しっかり一度で体得するようにしましょう。


今回は、友人や仲間と二人一組で練習していきましょう。
片方がチェック役で、片方が練習をする。
これを交互に繰り返す事で、自分の動きも良くなっていきます。


勉強を誰かに教えると賢くなっていくのと同様に水泳も人に教えると速くなっていきます。

チェックポイント

では、それぞれがチェックするべきポイントをおさえてきましょう。

  • 足を引いた時に足首が曲がっているか
  • 足を引いた時に土ふまずが後ろを向いているか
  • 膝が外に開き過ぎていないか
  • 水を土踏まずで後ろに押せているか
  • 足を挟みこむ所まで力を込められているか
  • 蹴り終わりにお尻に力を入れて足を浮き上がらせられているか


  • しっかりとお互いにチェックをして改善していくようにしましょう!



    この記事は、youtube内『Konami Sports Club』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル