気をつけバタ足で強くなる

スポンサードリンク

丁寧なキックを心がけて泳ぐ

今日はキックの練習をしていきましょう。大切な事は丁寧にやることです。
いつもと違ったトレーニングをするために今日は気をつけキックです。
さぁ、早速始めましょう。



今回のポイント

  • 1.呼吸のコツ
  • 2.ボディポジション
  • 3.どうしても出来ない時は



1.呼吸のコツ

このドリルでは呼吸が一番難しい部分になります。
まずはドリルの泳ぎ方ができないと先に進めないので呼吸のコツからお伝えします。

映像では、天井を見るといっていますが、天井を見る見方、についてです。
現在できていない方は、天井を見る時にアゴを上げるのではなく、アゴを引きながら呼吸するようにしてみてください。

出来ている方は、頭の中心に棒が刺さったつもりで軸を作り、頭をひねるようにしましょう。


2.ボディポジション

続いてボディポジションをしっかりと上げるようにしましょう。
呼吸に夢中になって身体が沈んでしまってはいけません。

ポイントとしては、呼吸は一瞬にするということと、キックを呼吸するタイミングの時は強くする事です。
どういうときに身体が沈みやすいかを確認しながら泳いでいきましょう。


3.どうしても出来ない時は

残念ながら非常にこのドリルは難しく、なかなか出来ない方が多いのも事実です。

そこでこっそりとズルをする方法をお教えします。

それは、呼吸するタイミングの時に手を下に押す事です。映像を見るとちょっと手が動いているのがわかると思います。
但し、これは出来ない時のみ。

しっかりと出来る方は楽せずにトレーニングしましょう。




この記事は、AQLUB 成人マニュアル~クロール編~ 気をつけキックより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル