平泳ぎスプリンターにお勧めしたいキックドリル

スポンサードリンク

平泳ぎのスプリント勝負ってなかなかスピードがあげられない!そんな悩みはありませんか?
短距離の平泳ぎ選手におすすめしたいキックドリルを紹介していきます。


スピードキック

ドリルとしては非常に単純です。
ストリームラインを組んだ状態で、顔だけをあげます。
その状態で平泳ぎのキックをスピーディーに打つ。これだけです。


とはいえ、このドリルも真剣にやると非常に良いトレーニングになるのでしっかりと目的から理解してやっていきましょう。


目的は、何でしょうか?
それは、「足の回転速度を上げる事」と「早いキックでも水を蹴れるようになる」というこの二点になります。


まず、「足の回転速度を上げる事」というのは、どういう事かを解説していきます。
いきなりですが、その場で足の曲げ伸ばしをしてみてください。10秒間全速力で。


何回出来たでしょうか?
もしかしたら編集部の一人のように腿がつってしまったかもしれませんね。笑


やってみて分かると思いますが、全速力で足をスピーディーに動かすと言う事は意外と難しいものです。
これを水中で行なうとなると更に難易度が上がります。
スピーディーに足を動かす練習を行なっていく、というのが一つ目の目的になります。


では、「早いキックでも水を蹴れるようになる」という事はどういう事か。
もう皆さんであれば分かっていると思いますが、早い動きになると、水を捉えづらくなってしまいます。
そのため、ピッチを上げると水が蹴れなくなってしまいます。


足を全速力で動かしつつ、水をしっかりと捉える。この二点をしっかりとこのドリルで鍛えていきましょう。


では、具体的なやり方ですが、ストリームラインを組んで、頭のみをあげると言う事は変わり有りません。
ポイントは、なるべく腰を沈めないようにフラットな姿勢で泳いでいく事。


その為にはスピーディーなキックが打てないといけませんし、水も捉えられていないと沈んでしまいます。
もし身体が沈んでしまう場合は、最初は顔をあげなくても良いのでまずはスピーディーなキックを。
水が捉えられているかを確認するのに、顔をあげてチェックというやり方をやってみてくださいね。


ただ早くキックを打つだけでなく、水を捉えると言う事を常に考えてドリルをやってみてくださいね!



この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル