初心者の為の平泳ぎの練習方法

スポンサードリンク

平泳ぎは泳ぐのは非常に簡単なんですが、なかなかスピードを出す事が難しい種目です。
初心者の方にお勧めの練習方法を紹介していきたいと思います。


平泳ぎのキックは足の裏で

まずお勧めしたいのが、膝を伸ばした状態で、足首だけを曲げ伸ばしする運動。


動画の一番最初にやっていると思いますが、プールサイドに腰をかけて、足首で曲げ伸ばしを行ないます。
この時に、足の裏で水を押している感覚が掴めるようになりましょう。
平泳ぎのキックのコツは、足の裏で水を押し出す事です。


足首を動かした時に水が少しでも向こう側に行けばOKです。
この感覚がつかめたらプールサイドにつかまり平泳ぎのキックの動かす軌道上でトレーニングしていきます。


どのシーンでも足の裏で水が押せている感覚を掴むようにしてください。
繊細な感覚なのですが、練習をすれば絶対に掴めるようになります。


もしどうしても難しい場合は、その位置でパートナーに足の裏を持ってもらい、少し負荷をかけてもらい押す感覚を掴んでいきます。


ここまで出来たら次はキックを打っていきます。
頭をあげていると腰が沈んでしまいがちなので頭を入れるようにしましょう。
水をしっかりと後ろに押すように意識します。


ここまでできたら後はもう簡単です。
ビート板をもってキックの練習をしていきます。


壁を持っていたときと同じ動きを行なっていきましょう。
足が大きく動き過ぎないように注意。
キックを打った後は、ビート板を前に押し出すようにしましょう。


手と足のコンビネーションでは、最初は足と手を同時に動かしてしまいがちです。
キックを打つタイミングと身体と手を前に伸ばしていくタイミングを合わせるようにしましょう。


徐々にタイミングをスムーズにしていくことで綺麗な平泳ぎが出来あがっていきますよ。



この記事は、youtube内『松田俊人』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル