差をつける為の平泳ぎの板キック練習

スポンサードリンク

一番差がつく平泳ぎのキック

強いキックを手に入れるだけで、平泳ぎのスピードは格段に変わります。
とはいえ一朝一夕では身につきません。
丁寧に板キックから練習していきましょう。



今回のポイント

  • 1.自分のタイプを知る
  • 2.身体をフラットにする
  • 3.一番の肝は…



1.自分のタイプを知る

平泳ぎのキックには、以下のように3タイプあります。
まずは自分のタイプがどれかを理解しましょう。

よく分からない、という方はこちらの記事を参考にしてください。

1.ウェッジ型
足を開きながら引き、ひらきながら蹴るタイプ
2.ウィップ型
足をまっすぐ引き、縦方向でのキックを行うタイプ
3.ミックス型
序盤はウィップ型でまっすぐひき、キックをするタイミングではウェッジ型のように開きながらキックをする


2.身体をフラットにする

板キックをやるときは常に頭を出す事ができますが、しっかりと身体はフラットにしましょう。

キックをした後には、お尻が出て重心を前に滑らせるような感覚をしっかりと掴んでいきましょう。
板キックで出来ないと、なかなか通常のスイムではできません。


3.一番の肝は…

さて、板キックでの一番の肝は何でしょうか。
少し考えてみてください。

それは、キック後のフォローキックにあります。
ビート版を持っているので身体が沈む事を気にせず出来るので、キック後のフォローキックで足がスーッと上にあがってくる感覚を掴みましょう。




この記事は、Breaststroke – Kick with a Boardより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル