楽に背泳ぎを泳ぐためのキックドリル

スポンサードリンク

背泳ぎでのキックは非常に重要

背泳ぎの中でキックは非常に重要な働きをしています。
しっかりと進めるキックを打てるかもそうですが、身体を浮かせることができるかが重要になってきます。
身体を浮かせることができると少ないパワーでしっかりと前に進むことができます。
身体を浮かせるキックを身に着けていきましょう。



今回のポイント

  • 1.今回のドリル
  • 2.鼻に水が入らないように
  • 3.全身を浮かす



1.今回のドリル

今回のドリルは、ちょっとおもしろいドリルで、身体を浮かせながらゴーグルが水の中に入るようにします。
しっかりとゴーグルを水の中に沈めるのですが、鼻に水が入らないようにします。

ドリルの目的として身体全体をフラットに浮かせることが目的です。
鼻に水が入らないように上半身が起きてしまっている選手が多いのでぜひやってみましょう。


2.鼻に水が入らないようにする

今回のドリルで一番の難点は、鼻に水が入ってしまうことではないでしょうか。
そんな方におすすめの方法が、常に「んー」と口を閉じて言っていることです。
周りから怪しいように見られますが、気にせずやってみましょう。

指導員に注意されない程度の声の大きさでやってくださいね。


3.全身を浮かす

一番今回やってほしいのは、頭をなるべく沈めて腰、足などをしっかりと浮かすことです。
鼻に水が入ってしまうのを恐れずにしっかりとやってください。

全身をちゃんと浮かせられた後は、顎を少し引いて、全身が浮いた状態でキックができるようになってください。
更にその後にプルを組み合わせていきましょう。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル