初心者向け平泳ぎのキックドリル

スポンサードリンク

平泳ぎのキックを丁寧に強化する

なかなか難しい平泳ぎ、通称ブレスト。
特に難しいのはキックですよね。ひざが上手くひねれなかったりするのでしっかり蹴れないですよね。
平泳ぎのキックのコツは足の裏でしっかりと水を掴むことです。
このコツを掴むためにしっかりと練習しましょう。



今回のポイント

  • 1.壁キックを行なう際に
  • 2.感覚を掴む
  • 3.スイムに繋げる



1.壁キックを行なう際に

今回の動画の肝は壁キックですね。
壁キックは継続的にしっかりと練習できるので、丁寧に一つ一つ感覚を掴んでいくことができます。
感覚については2で説明するとして、まずは注意点をお伝えしていきます。

一つ目は、壁を掴みすぎないこと。
この動画では手を横に置いていますが壁キックをやるときに壁の上の部分をつかんでしまうことが多くなっています。
しっかりと壁を掴まずにやりましょう。
難しければ壁に対して手を上下につけることで姿勢がとりやすくなります。

二つ目は、姿勢を良くする事。
なかなか、身体を水面と平行にして泳ぐことはできませんが、壁キックではちゃんとできます。
身体を水平にした状態でキックを打つ練習をすることで、泳ぎにもつながってきます。
また水平にすると踵が水面に出やすくなるので注意しましょう。


2.感覚を掴む

さて、今回のトレーニングで掴んでほしい感覚は二つ。

一つ目は、足の裏で水を蹴る感覚。
足の裏でしっかりと水を蹴ることで更に前に進むことが出来ます。
そのためのポイントは、
・膝をしっかりと内転させること
・足首をしっかりと返すこと

この二つをしっかりと行ない水を蹴れるようにしましょう。

二つ目は、足を抵抗なく引くこと
足を引くときに抵抗を生み出してしまうと残念ながら、水を蹴っても推進力がなくなってしまいますね。
足を抵抗無く引くためには、まっすぐに引くことが当然重要です。
また、膝と股関節をしっかりとスムーズに引くことで身体を正面から見たときに、水の抵抗を減らすことができます。

より詳しい膝の引き方についてはこちらの記事を参考にしてください。


3.スイムに繋げる

さて、壁キックだけで終わってはいけません。
当然スイムにつなげて泳ぎをよりスピードアップさせることが必要です。
どうやってつなげていくかについてですが、段階的につなげていきましょう。

まず最初は、ビート板を持って通常のキックを行なっていきます。
次にはストリームラインで行なっていきます。
更につなげるためにちょっとだけプルを行ないましょう。
最後に通常のプルをやってしっかりと泳ぎにしていきましょう。




この記事は、Swimisodes – Breaststroke -Wall Kickより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル