キックを上達させるためには、良い音を出す必要があった!?

スポンサードリンク

キックが進むためのポイントは何でしょうか。
それは、水をしっかりと後ろに押し出せているかです。
でもそれ以外にも大切なものが・・・


上手い人は音で分かる

そう、タイトルにありますが、音で分かるんです
今回の動画をみてください。
どんな音がなっているでしょうか。


「ジュッ、ジュッ」という音がなっているのがわかりますか?
良く初心者のキックでパワフルなキックを打つ人は「ドンドン」という水をたたく音が聞こえると思います。


この「ジュッ、ジュッ」という音を出すには、膝や足首を上手く使いつま先だけが少し水面に出ている必要があります。
足全体が上がってしまうと「ドンドン」という音になってしまいます。


まず最初はゆっくりとキックを打って、「ジュッ」という音が出るように練習してみてください。
バッタのキックでも同様です。
ビート板をもって練習すれば、自分の音を聞きながらでも練習が出来ますよ。



この記事は、youtube内『VeloPress』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル