うねりを練習する

スポンサードリンク

うねりを上手く使うための練習

水泳で非常に重要となってくる動作、うねり。
特にバタフライや平泳ぎで必要になってきます。もちろん自由形、背泳ぎでもドルフィンキックを使うのでうねりは重要です。
今日は、うねりの感覚をしっかりと掴むためのトレーニングをしていきましょう。



今回のポイント

  • 1.激しくうねってみる
  • 2.頭先行で動く
  • 3.みぞおちから下で動かす



1.激しくうねってみる

いきなり泳いでください、というのは無謀ですね。ステップを踏んで行なっていきましょう。
まず最初に、動画のように気を付けをしてドルフィンキックを行なっていきますが、動画よりも激しく動いてみてください。
とにかくウェーブする意識が必要です。
体が波打つようにキックを打ってみて下さい。


2.頭先行で動く

さて、次のステップに進みましょう。
いきなりうねってみてどうでしたか?体がなかなかついてこなかった人が多いと思います。

ここで、頭を意識していきましょう。
自分を横から見たときにおでこの部分で線を描くように思い描いてみましょう。

そして、その線がなめらかに波線を描くようにしていきます。
それができた次は、その線にそって体がついてくるように意識して泳いでいきます。


3.みぞおちから下で動かす

残念ながら、1と2でやった動作はなかなか試合では使うことが出来ません。
頭を動かすということはそれすなわち抵抗を生み出してしまうということですので、
しっかりと、頭は固定した状態で泳いでいくことが重要です。

ではどうやってやるのか。
答えはみぞおちから下で動かすことです。

まずは激しく動かしていき、徐々に徐々に細くなめらかなうねりが出来るようにトレーニングしていきましょう。




この記事は、Turns – FOIL Monofin Head Lead Dolphinより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル