平泳ぎのキックを速くしたいならば、足スカーリングをやろう

スポンサードリンク

手でのスカーリングはやるもののなかなか足のスカーリングってやりませんよね。
今日は足で水を掴むための足スカーリングをやっていきましょう。


足の裏で水を蹴る

足の裏で水を蹴れるかどうかで平泳ぎのキックスピードがグンっと変わってきます。


大事なことはキックの最初にどれだけ水をつかむことが出来るか。
最初に水を捉えられないと、全く進みません。
その為最初の位置で水をつかまえられるようにドリルをやっていきましょう。


動画で言うと1:30ほどからです。
膝を折った状態で、足を左右に動かし、前に進むようにします。
手でやっているスカーリングを足の裏でやりましょう。


プールが深い場合は、シンクロでよくやっている巻き足でも代用可能です。
足の裏、つちふまずで水を捉えるように意識すると上手くいきやすいですよ。


水をしっかりをとらえられるようになるとキックをするときに水が重たく感じるようになります。
もしならなければ、まだ水をとらえられていないのかも。
何回も地味な反復トレーニングをやっていきましょう!


この記事は、youtube内『松田俊人』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル