【スプリンター向け】キックの強化練習方法

スポンサードリンク

キックを強化することで、身体全体が浮くようになり、スピードを上げられるようになります。
キックの瞬間的パワーを上げたい人向けのおすすめドリルをご紹介します。


ボードプッシング

今回のドリルは、ビート板とフィンを使います。
理想はフィンを使う事がパワーアップには望ましいのですが、プールによっては使用禁止なところがあるので要注意。
使えなくてもビート板があれば大丈夫なのでやっていきましょう。


動画中では、ビート板を途中で投げ捨ててドリルをやっていますが、なかなかこの練習方法は出来ないので、ある一部分だけ抜き出して行ないます。
それは、ビート板を立ててキックで進む練習です。


これをやることで進みが悪くなります。
わざと抵抗を作ることで進みが悪くなります。
通常のスピードで泳いでいるまま、キックをしていくと、身体の進むスピード分キックのパワーが水に伝わりづらくなります。
今回のこの練習方法では、非常に進みが悪い為、キックの力を水に伝えやすくなります。


水に伝えやすくなると言う事はその分パワーアップが期待できます。
いつもキックをしているよりも足が重たくなるはずです。
その状態でガンガンキックをうって、前に進めるようになりましょう。


もし身体が曲がってしまうなどの動きが出た場合には、キックがどこかおかしくなっていますので相互にチェックするなどして確認をしていきましょう。
キックはバタ足以外の練習でも問題ないので自分のスタイルワンでやっていきましょう。


この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル