キックを速くしたい方にオススメのキックドリル1選

スポンサードリンク

キックでライバルと差をつけるためには、身体の前に蹴るキックではなく、後ろに蹴るキックで進めるようにする事が大切です。
クロール・バタフライのキックでは、アップキック。背泳ぎではダウンキックを強化していきましょう。


バックキックで水を捉える

身体の前で進むキックを打てるようになることはそこまで難しくないのですが、身体の後ろ側で前に進むキックを打てるようになるのは非常に難しいんです。
※クロールとバタフライでは、アップキック。背泳ぎではダウンキックという為ややこしいので、フロントキック・バックキックという名称を使って説明します。


何故なら膝関節は前には曲がりますが、後ろには曲がらないから。
その為、フロントキックでは、膝関節の運動のみで水を簡単に後ろに押す事ができますが、バックキックでは、股関節の動きで水を繊細に扱わないといけません。


フロントキックでは膝と股関節を活用し以下のような動きを行ないます。
フロントキックの説明図
バックキックでは、股関節を中心に活用し以下のような動きを行なっていきます。
バックキック説明図


このバックキックで進む感覚を身につける為のドリルが今日のドリルです。
非常に簡単で、上を向いてドルフィンキックを行なうだけ。
この時に先ほどお見せした図のようにバックキックで水を後方に押し出してあげる事で前への推進力を獲得しましょう。


通常のキックでバックキックを上達させようとする事はなかなか難しいのですが、このドリルでは感覚が掴みやすい為おすすめのドリルになっています。
フリーのキックだとしてもまずはこのリバースドルフィンキックを練習する事でバタ足が早くなれますよ!


キックが早くならないというあなたは、もしかしたらバックキックが上手くいっていないのかも。是非ともチャレンジしてみてくださいね!



この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル