サイドキックを上手くする為のトレーニング

スポンサードリンク

バタ足が速かったとしてもクロールでは、ローリング動作が入る為、常に真っ直ぐに蹴れる訳ではありません。
バタ足をより試合で使えるようにする為にドリルをやっていきましょう。


気をつけサイドキックドリル

通常のバタ足は下を向いたままキックを打っていきますが、クロールを泳ぐと骨盤が左右にねじれる動きが伴います。
その為、通常のバタ足と違い、サイドキックをトレーニングしなければなりません。


意外と多いのが、バタ足は速いのですが、サイドキックになった途端に遅くなってしまう選手です。
これは、得意不得意という訳ではなく、やった事がない、という事に起因します。


水を捉えてキックすると言う事は変わりが無いのですが横を向いてキックすると言う事は慣れが必要です。
今回のドリルでしっかりと慣れるようにしましょう。


気をつけをした状態から、どちらか一方の方が地面に向くようにします。
一般的なサイドキックでは、顔も横に向けますが、顔は下を向いたままにしましょう。


この状態で、首から下は真横を向いたまま、キックをうっていきます。
呼吸をするときは首だけをひねるようにしましょう。


左右どちらか一方だけ苦手、ということも多いにありえます。
その場合、上手い方の身体の動きと何が違うのかを自分で考え、修正を行なっていきましょう。



この記事は、youtube内『MrPoolmans』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル