腹筋を使ったキックが出来るようになる練習方法

スポンサードリンク

キックで腹筋を使ってキックをするとパワーアップできます!!
こういってもなかなかその感覚は掴めないもの。そんな方へお勧めのドリル方法です。


シッティングボードキック

何をやっているか分かりますか?


これは、ビート板を腰の下に置いた状態で座ったような姿勢のままキックをうっていきます。
ビート板は手で支えてOKです。


この状態でキックをしていると、腹筋が使いやすくなります。
水をしっかりと向こう側に蹴れていると水が自分から離れる方にボコっと浮いてきます。
真上に上がってしまっている人は、進むキックを打てていません。


楽しみながら進むキックを身につけつつ、しっかりと腹筋を使ったキックができるように感覚を掴みましょう!



この記事は、youtube内『KOHEIJAPANREMIX』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル