水泳で使えるスクワット

スポンサードリンク

正しいスクワットでお尻を鍛える

今回のトレーニングでは、しっかりとお尻を鍛えましょう。
スクワットでは前腿を鍛えることもありますが今回はハムストリングスとお尻を鍛えます。
お尻を鍛えることでより強いキックが打てたり、壁を蹴る力が強くなりスタートなどで加速しやすくなります。



今回のポイント

  • 1.膝を前に出さない
  • 2.常にお尻を意識する
  • 3.ちょっとレベルアップ



1.膝を前に出さない

今回の一番のポイントはこれじゃないでしょうか。
おそらくしっかりと膝を前に出さないことでハムストリングスやお尻を鍛えることができます。
膝が前に出てしまうと前腿の強化になってしまい目的とは異なってきますので注意しましょう。


2.常にお尻を意識する

トレーニングする上でお尻はなかなか意識がしづらいポイントでもあります。
なぜなら他の部位の方が筋肉として大きく、意識しないと大きい筋肉から働いてしまうからです。

トレーニングに少しなれてきたら鍛えたいお尻、特にお尻下部を意識してトレーニングしましょう。


3.ちょっとレベルアップ

さて、通常のスクワットで物足りなかった方へのトレーニング紹介です。
ただし、しっかりと基本のスクワットができてからトレーニングするようにしてください。
またフォームなどは注意して行いましょう。

具体的にどうやるかというと
1.通常のスクワットのようにしゃがみこむ
2.立ち上がるときに少しジャンプする
3.かかとから優しく着地をする
4.スムーズに1へ繋げられるようにする

なかなか難しいですがよりお尻を鍛えるためにはお勧めです。
しっかりと今日も速くなりましょう!

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル