ドルフィンキックに大切なうねりの動きをマスターする為に

スポンサードリンク

近年ドルフィンキックはバタフライだけでなくクロールなどのアンダーウォーターでも重要なテクニックになりました。
今日はドルフィンキックを上手くする為の画期的な練習方法をお伝えします。


気をつけドルフィンキック

ドルフィンキックで大切となってくるのは、うねりの動きになります。
足だけではなく、上半身や体幹の力までも脚に伝える事で鋭くスピードのあるキックが打てるようになります。


とはいえいきなりやれと言われてもできないもの。
なので最初はうねりを練習する為に気をつけのアンダーウォーターでドルフィンキックの練習をしましょう。
大事な事は、みぞおちから動かす事。胸郭を柔軟に動かし身体をうねらせます。


いきなりはキックに体幹の力を伝える事は難しいのでうねってみるというところからやってみましょう。
徐々に出来るようになってきたら、幅を狭くしてキックを打てるようにしていきます。
続いて再度キックの幅を大きくして、うねりを足に伝えるようにしていきましょう。


最初、難しければフィンを使ってキック練習していきましょう!
身体全身を使って人魚のように泳ぎましょう!


この記事は、youtube内『GoSwim』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル