キックが劇的に改善するトレーニング

スポンサードリンク

深いプールだったら是非一度やってほしいトレーニング

今回紹介のトレーニングは一般的なプールではトレーニングすることはできません。
ある程度の水深(2mくらい)がないとできないのが実際のところです。

ですが非常に効果的なトレーニングなのでチャンスがあったら是非やってみてくださいね!



今回のポイント

  • 1.意識してほしいポイント
  • 2.ゆっくりやって浮けるか
  • 3.強度を上げる



1.意識してほしいポイント

今回のバーティカルキックでは、まっすぐ立った姿勢のままキックを打っていきます。
ここでのポイントは、このバーティカルキックをやった状態で、前後左右に進んでしまう場合は、
通常のキックも無駄な推進力が出ているということです。

しっかりと、まっすぐ上に浮けるように意識してやりましょう。


2.ゆっくりやって浮けるか

足をガシガシ動かして浮くことは非常に簡単です。また手を使っても簡単です。
ゆっくりと足だけを使って浮くことはできますか?

しっかりと効率よくキックができていると受けるので、まずはゆっくりやって浮けるかトライしてくださいね。


3.強度を上げる

さぁゆったりをクリアしたあなたには飛び切りのトレーニングを紹介しましょう!

徐々に強度を上げていきましょう。
1.水面に手首がつく位置で行う
2.水面にひじがつく位置で行う
3.水面に腕の付け根がつく位置で行う
4.メディシングボールを交互に投げあう

4までできるともはやトップアスリートレベルですが、一度チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル