キックで水を後ろに押し出すためのバーティカルキックドリル

スポンサードリンク

バーティカルキックは、ただ打てばよいと言うわけではありません。
少ないパワーで浮けるようにしましょう。


細くしなやかなキックへ

通常のキックでもしっかりと前に進む事が出来ればよいのですが、なかなかその感覚を掴むのは難しいですよね。
そんな時はバーティカルキックを行ないましょう。
なかなか出来る所が少ないのがもったいないですが…


バーティカルキックは、直立の姿勢でキックを打つドリルです。
良いキックが出来ていないと、身体がしっかりと真っ直ぐ浮く事ができません。


とはいえ、大きなキック打つのでは意味がありません。
キックはプルに比べてパワーロスが大きいものです。
その為、なるべく少ないパワーで強いキックを打ちましょう。


その為に足首にチューブをつけましょう。
チューブの長さは、足の間にこぶし一つ分おけるくらいの長さにしましょう。
なるべく細くキックが打てるように狭いかも、位の幅にしましょう。
細い幅でもキックが打てるようになるとより、かなり良いキックになります。


この記事は、youtube内『MrPoolmans』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル