2014アジア大会男子50m自由形

スポンサードリンク

第17回アジア大会2014で行われた男子50m自由形の試合映像です。
日本からの出場は、塩浦慎理と伊藤健太の二名。
アジア記録を持つ塩浦と同年代の伊藤との熱い争い。
中国のNING Zetaoからも目を離せない。

☆上達ポイント
スタートの姿勢を取るまでの準備の動き。take your markの準備姿勢、合図からの飛び出し。
適度に筋肉が弛緩している状態からの一瞬の収縮、跳躍。
空中の放物線からの入水の角度。
アンダーウォーターからの浮き上がりまで。

50mと短いですがその分非常に細かいポイントまで見る事が必要です。
リアクションタイムだけがすべてではない事が分かると思います。

結果一覧はこちら。
2014-asia-m-50m-fr

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル