結果目標と行動目標(その1)

スポンサードリンク

記録など数値に対する目標を「結果目標」といいます。それに対し、笑顔を作る、大きく方を回すなど、今すぐできることを「行動目標」といいます。
メンタル1

今回のポイント

  • 1.結果を意識しすぎると身体反応が強く出る
  • 2.行動目標にフォーカス
  • 3.行動目標を決めておく



1.結果を意識しすぎると身体反応が強く出る

結果目標は、闘争心は高まりますが、緊張や不安を生みやすくなります。行動目標は、闘争心は低めですが、緊張や不安は抑えられます。記録を意識しすぎると、どうしても「絶対、勝たなきゃ」とか「ベストスコア出す」といった、緊張や不安など感情の起伏が激しくなり、身体が固くなる、手足が震えるなど身体反応が強く出ます。


2.行動目標にフォーカス

まずは結果目標ではなく、行動目標、「ひとかきを大きくする」、「右呼吸を使う」など基本中の基本だけを実行することで「目の前の泳ぎに集中する」ことが大切です。


3.行動目標を決めておく

「今日の行動目標は○○」と予定を入れておくことが大切です。行き当たりばったりでは、余計に混乱してしまうので、週単位でも大まかに決めておくことで、集中力が上がります。

今すぐできることを行動目標にすることで、実力が発揮できる理想的な心理状態(=フロー)に入ることができます。

メンタルワークアウト
実力が同じならメンタルの強いほうが勝ちます。 メンタルワークアウトについてもっと知りたい方はこちら
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル