結果目標と行動目標(その2)

スポンサードリンク

前回は、結果目標より行動目標を重視、と書きました。では結果目標が悪いのかといえばそうではなく、使い分けるということです。

mental3

今回のポイント

  • 1.リバーサル理論とは?
  • 2.行動目標を重視するとき
  • 3.結果目標を意識するとき



1.リバーサル理論とは?

緊張や不安が高いときは、行動目標を意識し、緊張や不安が低い時は、結果目標を意識します。これをリバーサル理論といいます。
mental2


2.行動目標を重視するとき

「あと少しでベストスコアが出る」、「予選通過がかかっている」など、緊張が高い場面では、行動目標を重視します。こうすることで、冷静になりやすく、目の前の及びに集中でき、良い結果が出る可能性が高まります。


3.結果目標を意識するとき

「予選通過できて良かった」、「優勝間違いなし」など、緊張が弱い時は、「大会記録を出す」など、結果目標を意識します。結果にこだわることで、適度な緊張を維持でき、集中の方向性をシフトできます。これをリバーサル理論といいます。

メンタルワークアウト
実力が同じならメンタルの強いほうが勝ちます。 メンタルワークアウトについてもっと知りたい方はこちら
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル