クロールが速くなるスカーリング!?ドッグスカーリングとは

スポンサードリンク

水泳でスカーリングは、基本中の基本。
水を掴む感覚をスカーリングでは養う事ができます。
色々なスカーリングがありますが今回はクロールのキャッチに特化したドックスカーリングをやっていきましょう。


スカーリングの基本

スカーリングの基本をまずは見直してみましょう。
まずは手の形からです。
手の形は、指先が自然と揃うようにします。
親指も忘れずに揃えましょう。
良く手を丸くし過ぎてしまう方がいますが、これは間違いです。


手は丸くしすぎないようにしましょう。


指先は軽くそろえるだけ


自然にリラックスした状態で水をかけるようにしていきましょう。
大切な事はリラックス。手先に力が入ってしまってはいけません。

ドッグスカーリング

スカーリングは、両方同時に広げて閉じて、ということをやっていきますが、今回は交互にやっていきます。
クロールのキャッチの部分だけを抜き出してやるようなドリルになります。


クロールのキャッチ同様に、しっかりと肘を立ててやることで身体が前に進むようになります。
左右に開くと言うよりも、肘を立てて前に進む事を意識してやるようにしましょう。


手を斜め前に滑らせるようにしてやることで前に進みやすくなります。
滑らせていったあとは、胸の前から手を戻していきます。
水を切るようにして、親指から戻すようにしていきます。
キャッチではしっかりと水を掴み、戻す時は抵抗を少なく泳ぐようにしましょう。


この記事は、youtube内『YTswimmingschool』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル