自分にあった水中の目線の見つけ方

スポンサードリンク

水泳を速くなりたいのならば、細かいところまで気を配っていかないといけません。
目線ひとつで泳ぎもだいぶ変わってしまうほど、繊細なスポーツだったりします。


目線はどこを見ればよい?

混んでいるプールで練習しているときについてしまう癖が、前を見る癖。
どうしても前の人とぶつからないように意識すると前を向きすぎてしまいます。


これが厄介な癖で、誰もいないプールで泳ぐときも前を向いてしまうんですね。
駅伝などでよく「あぁ、○○選手、アゴがあがってきてしまいましたね」というの分かりますか?
水中で前を向く、アゴをあげるという状態は、非常に悪い姿勢なんですね。


とはいえ、水中でどこを見たらよいのかは、人によってだいぶ変わります。
今回は、簡単なチェック方法を行なうことで自分にとって最適な目線の位置を理解しましょう。


では、やっていきます。
水面に浮いた上体から、両手で水をかいていきます。
この時の”目線”と”力の入り具合”を覚えていてくださいね。
続いて、その”目線”よりも少し前を見るようにして水をかいてみましょう。
“力の入り具合”はどうですか?


今度は逆に、”目線”を下に落としてみましょう。
どうでしょうか、”力の入り具合”は変わりましたか?


徐々に位置を変えていきながら、どの位置が自分にとって一番力の入りやすい場所かを探っていきましょう。
この角度が分かったら、通常のスイムでもその角度をキープできるように意識しましょう。


普段のプールではどうしても前を向いてしまうのは仕方ないことなので、試合前に再確認をして調整をするようにすると良いですよ。




この記事は、youtube内『森隆弘』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

2 Responses

  1. 僚ちゃんママ より:

    中1の息子が1年以上、50メートルバタフライのフォームがよくならないし、タイムも上がらず、昇級しません。
    コーチを見ていたら、ただ流して泳がして、時々直して…みたいな指導です。
    母である私自身は泳げないので、アドバイスしてやることができません。
    真面目に、泳ぐのが好きで、毎週、通っているので、よきアドバイス、お願いいたします。

    • swim media編集部 swim media編集部 より:

      僚ちゃんママさん
      コメントありがとうございます。
      頂いた情報で技術的なアドバイスは出来ないのですが・・・

      息子さんの練習への向き合い方はどうでしょうか?
      息子さん自身もただ泳ぐだけで終わっていませんか?
      どうやったら速くなれるのか、何が速い選手と違うのかの分析は、息子さんなりにやっていますか?

      トップ選手になればなるほど、自分自身で考え、その泳ぎについての意見をコーチからもらって修正をしている選手が多いんです。
      コーチの言うとおりにやって速くなった選手はほとんどいません。

      是非とも自分で考えて練習ができる選手になれると良いですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル