初心者の為のスカーリング練習方法

スポンサードリンク

スカーリングは泳ぎの基本となる動作です。
しっかりとしたスカーリングの動きを学びましょう。


スカーリングをやる目的

スカーリングを強化する目的はなんでしょうか?


直接的に泳ぎには活きませんが、水を捕まえるという点では非常に有用なトレーニングです。
様々な体制でスカーリングが出来るようになる事で、様々なシーンで水を掴めるようになります。
キャッチの時からフィニッシュの時までしっかりと水を掴めます。


また、水をつかめると言う事は、反対に水を逃がす事も出来るので、抵抗の少ない泳ぎを身につける事もできます。

スカーリングの手の動かし方

最初からいきなりベストの形を作ろうとしてもなかなか難しいので、ステップを踏んでやっていきましょう。


まず最初は∞(むげん)を描きます。
常に進む方向に手のひらが向くようにしてください。
scull
大事な事は、開くときも寄せる時もどちらも同じ負荷がかかるようにしてください。
寄せる時に重たくなりがちですが開くときもしっかりと水の重さを感じるようにしましょう。


慣れてきたら∞の幅を徐々に水平に近づけていきます。
scull_good
手が真横に向くのではなく斜め45度を向くようにしてください。


上手くできると水面に渦が出来るようになりますので、出来るまでしっかりとトレーニングしましょう。
お風呂場でやってもOKです!



この記事は、スカーリング講座 手の動かし方より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

2 Responses

  1. とんとん より:

    Facebookページ見ました。
    小坂さん25m20秒って凄すぎですね。

    私は1分くらいかかってしまいそうです。

    • swim media編集部 swim media編集部 より:

      Facebookでも書きましたが彼は異常です。
      隣で泳いで、日本一ってこういう世界なんだなって、思いました^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル