シュノーケルを正しく使って速くなろう

スポンサードリンク

シュノーケルってちょっと難しいんですよね。
息を吸ったときに水が入ってきてしまったりと。
水泳に集中できるためのシュノーケルの使い方をおすすめしていきます!


シュノーケルである悩み

シュノーケルの悩みといえば、この三つ。

  • 水が入ってきて呼吸が出来ない
  • シュノーケルが左右にぶれてしまう
  • ターンでシュノーケルが外れてしまう


  • まず、水が入ってきてしまう悩みについては、簡単なコツがあります。
    それは、息を吐いてから吸うこと


    皆さん大体水が入ってきたときに息を吐いて水を出そうとしているのですが、
    呼吸しなければ、水が入ってきても問題ありません。
    大事なのは息を吸うときに水が入らないようにすること。


    そのために、息を吸う直前に息を吐きます。
    感覚としては「フッ」と強く息を吐いてすぐ「スーッ」と息を吸いましょう。


    続いて左右にぶれてしまう問題ですが、身体がぶれていることよりも、前を向いてしまっていることが大きいです。
    シュノーケルって実は下を向くと凄く安定しやすいので、是非シュノーケルをやるときにも下を向いてくださいね。


    最後に、ターン。これは難しいです。
    シュノーケルがはずれてしまうのは、顔の正面ではなく、横で水を切ろうとしまって抵抗になり外れてしまっています。
    なので、タッチターンは基本的にやらずに、クイックターンでやるようにしましょう。


    それでもターンのときに外れてしまう場合は、真っ直ぐ回転できていない可能性があるので、シュノーケルをはずして、ターン練習をしましょう。



    この記事は、youtube内『SwimLabs』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
    ※動画元の皆様へ※
    「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

    swim media編集部
    swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
    swimsupport_banner

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事 関連記事 もっと見る

    最新情報
    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル


    お好み検索

    キーワード


    カテゴリ

    種目


    レベル