水中で綱引き!?競争しながら短時間でレベルアップしよう!

スポンサードリンク

子どもだって大人だってつまらない練習は嫌いです。
合宿などでは、面白い練習も交えて普段とは違った練習をやってみましょう!


チューブ綱引き

今回のトレーニングはいたって簡単です。
2人でやります。


チューブをお互いの腰にくくりつけ、全力ダッシュをしていきましょう。
12.5mからスタートをして、5mラインにたどりついた人が勝利、なんてルールでも良いですよ。


レベルの違う選手同士でもクロールVSバタフライや、クロールVS平泳ぎ、というやり方をすると競えるものです。
非常に楽しみながら練習できる練習メニューです。


少し真面目な話をすると、前になかなか進まない為いつもよりも水が重たく感じる事ができます。
その為きれいなフォームで泳げていない人ほど、ストロークに力が入らず、失速してしまいます。
どの部分で力が入りづらいか、入りやすいかなどを意識して競う事で短時間でレベルアップが可能なメニューです。


チューブ綱引きをやった後は、ストロークが崩れてしまいがちなので、例えばヘッドアップを行なうなどをして、ストロークの調整を行なっていくようにしましょう。




この記事は、youtube内『MrPoolmans』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル