ドルフィンキックが速くなりたい人におすすめしたい練習1選

スポンサードリンク

ドルフィンキックキックで中級者と上級者の差は何かといわれたら、アップキックじゃないでしょうか。
今回はシンプルながら非常に効果的なキックの練習を行ないましょう。


背面ドルフィンキック

ドルフィンキックが速くなりたいならば、このドリルを強くお勧めします。
冒頭に書いたように中級者と上級者の分かれ目は、アップキックでしょう。
背泳ぎのキックでいうと、ダウンキックの部分ですね。


通常のドルフィンキックを行なっている場合は、ダウンキックで打ち下ろす際に基本的に進みます。
ただし上級者の場合は、足を持ち上げるシーンでもしっかりと進むことができています。
この感覚はあまり理解できないものだと思いますが、そうなんです。


なかなかアスリートでも差が出るこのコツを掴むための練習が今回の方法になります。
通常のキックだとなかなか意識ができないのですが、このやり方だと意識がしやすくなります。
やり方はシンプルに上を向いてドルフィンキックを行なっていくというもの。


ただし、上級者になっていきたい方向けのドリルだけあってレベルは高いです。
上を向いて通常のドルフィンキックを打っていきますが、打ち上げるキックにはほとんど力をいれずとにかくダウンキックで進めるようにしましょう。
脚の裏側で水を押してあげるようにします。


ダウンキックのポイントは、脚の付け根から動かしていくということ。
足でどうにかするのではなく、ふとももからふくらはぎなど脚全体を使って水を押していきます。


とはいえ、いきなりキックでやろうとすると難しいですね。
しっかりと泳ぐ前にやれるイメージを持ちましょう。子供はそのままやってみてもOKです。
大人はそうはいかないのでイメトレが大事です。


アップキックは膝関節を曲げて行ないますが、ダウンキックは膝関節は伸ばしたまま行ないます。
つまり脚全体が一本の棒のようになった状態で進むキックを打っていきます。
では問題です。
1本の棒(イメージしづらいなら板)が水面に浮いているのをイメージしてください。
この棒を水に対してどう下に向かって動かしたら、推進力を得ることが出来るでしょうか。
左右への動かしなどはイメージしないでくださいね。オールのように使う、はなしです。


このイメージがしっかり出来るようになったらこの動きをあとは脚でやってあげるだけです。
そう、これが出来ればキックが速くなるきっかけをつかむことができます。
ただし、慣れていない動きなので、この動きをパワフルにするための練習はまた必要になりますが。
大丈夫、すぐあなたも上級者の仲間入りができますよ!


この記事は、youtube内『theraceclub』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル