あなたの泳ぎはあっている?確認できるドリルをやってみよう!

スポンサードリンク

泳ぎ方を学ぶ上で、やるべきは様々なドリルです。
基本的な泳ぎでは気付けない事を気付かせてくれたり修正できるようになるのがドリルの利点。
色んなドリルトレーニングをやっていきましょう。


ストップリカバリー

まず1つ目のドリルは、ストップリカバリーです。
その名の通りですね。
やり方はシンプルです。リカバリーの途中、入水の前でリカバリーを止めます。
リカバリーと反対の手はキャッチをしにいこうとしていると思いますが、そのキャッチも止めましょう。


ポイントとしては、一時的に動きを止めることで、身体が正しい動き方が出来ているかを知ることが出来ます。
もし身体が沈んでしまったり、身体がねじれてしまうようであれば、どこかが間違っていると言う事。
しっかりと身体と対話をしていきましょう。

クイックキャッチ

続いて2つ目。これもその名の通り、キャッチを素早くするということです。
入水してからのキャッチを素早く肘を立てて行ないます。
その他のプッシュやフィニッシュ部分はリラックスをしましょう。


泳ぎで大切なのはキャッチです。キャッチが出来れば他の部分は力を抜いても有る程度進みます。
もし進まないようであれば、キャッチを見直してみましょう。
おすすめはフロントスカーリングです。

ハイスイング

続いて3つ目。リカバリーは水面近くでやっていると思いますが、今回はあえて高くします。
肘を曲げても構いませんが、なるべく手を高く高くしましょう。


腕を高く振り上げても身体が左右にぶれないかの確認を行ないましょう。
また、腕を高く上げることで体重を前に移動しやすくなると思います。
この体重を、キャッチしているリカバリーとは反対の手に乗せられるように意識することで、自然とキャッチがパワフルになりますよ。


リカバリーは、意識が薄れがちなポイントですが、意外と大切な場所です。しっかりと練習するようにしましょう。


この記事は、youtube内『ACTIVEdotCOM』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル