平泳ぎのストロークのポイントとコツを再確認しよう

スポンサードリンク

平泳ぎのストロークは、進む力はありませんが、キックの力をより進みやすくすることができます。
丁寧にストロークの練習を行なっていきましょう。


平泳ぎのストロークのコツ

常に上半身が意識しなければいけないのは、抵抗を減らしてあげるということ。
当然進むための推進力を手に入れることも必要なのですが、抵抗を減らすということが最も重要です。


入水してからは、少し下に手を伸ばしていきながら、手の平を外側に傾けていきます。
手を外に開いた状態から、徐々に外に開きつつ、一気に外に開いて肘を立てます。


肘を立てて水を掴み身体を起こしてきます。
徐々に手を内側に傾け、肘と前腕を使って水を捉えるようにします。
呼吸をしてからは、なるべく腕をそろえた形で正面の抵抗を減らし入水します。
入水するときに頭が残ってしまうと抵抗になるので、しっかりと頭をいれましょう。


何度も動画をみて練習していきましょう!



この記事は、youtube内『speedjapan』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル