クロールのキャッチ動作

スポンサードリンク

クロールのキャッチを丁寧に学ぶ

クロールのキャッチを行なう上で、通常の泳ぎをしながら丁寧に学ぶことはなかなか難しいものです。 しっかりとクロールのキャッチを丁寧に行なっていきましょう。 更にうまくなりたい人も、基本から学びたい人もしっかりと見ていきましょう。

今回のポイント

  • 1.キャッチのポイント
  • 2.身体の予備動作
  • 3.クロールに組み立てる

1.キャッチのポイント

今回はキャッチはここまでしかやりません。 ここまでしかやらないのですが、しっかりとキャッチをして水をとらえられるようにします。 最初は水を下に抑えるだけになってしまいますが、しっかりと前に進む動作を意識しましょう。 キャッチポイント 画像では、ひじが真下ではなく内側にひねられていることがわかると思います。 真下というより、少し内側をかくようにしましょう。

2.身体の予備動作

さて、とはいえ、手と肘、肩だけの動きではしっかりとした泳ぎにつながるキャッチにはなりません。 画像を見てください。 予備動作 ここでのポイントは、キャッチのときに腰もひねられているということです。 微々たる位置の変化ですが、身体のひねりを活用しつつ、キャッチのパワーをあげています。

3.クロールに組み立てる

しっかりとしたクロールに組み立てていくために、1,2どちらもトレーニングした上で、 ストロークにつなげていきます。 うまくトレーニングできている人は普段のストロークよりも水が重たく感じるはずです。 もし重たく感じなかった場合はあまり変化がなかったということです。 しっかりと重たくなるようなトレーニングをして、泳ぎにつなげていきましょう。 この記事はFreestyle – Simple Catch Practiceより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル