よりキャッチで前に進めるようにするためには前腕を使え!

スポンサードリンク

キャッチを強くするには、手のひらだけでなく、前腕を使ってキャッチする必要があります。
しっかりと水をたくさん捕らえて後ろに押し出すことでスピードが上がります。



今回はボールを使います。

ボールを使う理由

通常泳いでしまうと、手のひらで水を掴んでしまいます。


手のひらで水を掴むのは非常に大事なことですが、より速くなるためには、前腕で水を捕らえることが大事です。
手首から肘の付け根までで水を捕らえられるとパワーを発揮できるだけでなく、身体を前に滑らすことが出来るからです。


今回は、ボールを使うことでわざと手のひらで水をつかめないようにする事で、前腕への意識を集中させます。

前腕を意識する上で

今回大事なのは、前腕で水を捉えているという意識を持つことです。


ボールを持った状態で手首が動かないように固定した上で、ストロークをしていきましょう。
前腕で水を引っ張るという意識よりも、前腕を板のような意識を持って前に滑らせていくことが大事です。


前腕で水を引こうとすると肘を引きがちになってしまうのでしっかりとハイエルボーでトレーニングしましょう。

ボールが使えない方へ

日本のプールではなかなか道具を使ってもよいという場所があります。


ボールが使えない方は、手をグーにしてストロークしてみましょう。
ボールよりも少し難易度が上がりますが、しっかりと前腕を意識してストロークすることで、より良いストロークを手に入れることが出来ます!



この記事は、Backstroke – Dynamo Catchより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル