クロールのキャッチを上手くするためにやりたいドリル

スポンサードリンク

フォームをなるべく良いものにするためには様々なドリルをやるべきです。
今日はクロールのキャッチにフォーカスをしたドリルをやっていきましょう。


片手クロールオンボード

片手クロールは良くやると思いますが、しっかりと泳ぎに繋がるドリルができていますか。
片手クロールの目的は左右の泳ぎの違いを理解して、フォームを強制していくことですが、それ以外にもかいていない方の手で水に乗っかる感覚を掴むということも重要です。


今回は、片手クロールで使わないほうの手はビート板に乗せましょう。
小さいビート板でもかまいません。
ビート板を握るのではなく、手の平でおさえるようにしてください。


意識してもらいたいポイントは、ストロークをしはじめたら、ビート板に身体をあずけるようにして前に進みましょう。
最初はビート板がどこかに飛んでいってもかまわないので、少し斜め下に滑るようにしましょう。
指先が下になるようにして次のキャッチの準備をしつつ、更に加速していくように意識します。


この動きが出来るようになったらビート板を使わないで泳げるようになるよう練習していきましょう。


この記事は、youtube内『Triathlete』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル