大きい泳ぎを身につけるキャッチアップクロール

スポンサードリンク

大きい泳ぎを身につけるために

今回のトレーニングは初心者から上級者までできるトレーニングです。
キャッチアップトレーニング。大きい泳ぎを実につけるためには必須のトレーニングです。

単純ですがしっかりとポイントをつかんでトレーニングしていきましょう!



今回のポイント

  • 1.キャッチアップの目的
  • 2.ワンストロークでもっと長く
  • 3.キックは常に打つ



1.キャッチアップの目的

キャッチアップクロールを泳げるようになると非常に安定したストロークができるようになります。
試合のときなどに良くやっている選手もみかけます。

通常のストロークだとタイミングが非常にずれ易いのですが、キャッチアップだと明確にポイントが見えるため整えやすいのでおすすめです。

また意図的にストロークを長くできるので通常のストロークのパワーアップにもつながります。


2.ワンストロークでもっと長く

キャッチアップはシンプルに手が重なりあうか位のタイミングでストロークの切り替えを行います。
そのタイミングはそこまで難しくないと思いますが、大事なのはそのタイミングでより進むようにすることです。

ワンストロークでぐいっと進むためのひとつのヒントをお伝えすると、
身体のひねりをキャッチアップの場合は溜め込んでいるので、そのパワーをストロークに伝えられると・・・ということですね。


3.キックは常に打つ

どうしても腕のトレーニングだと足がおろそかになってしまう選手が多いのでここで注意です。
キックは常に同じタイミングで打つようにしましょう。

大事なことは通常のストロークの役に立つトレーニングをすることですので、いつもと違うことをしないよう注意しましょう。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル