泳ぎがどうにも変だと言う時にはキャッチアップドリルをやろう

スポンサードリンク

泳ぐと言う行為は、身体を連続で動かしている動作なので、バットの素振りのように丁寧に確認がしづらい行為です。
その為、丁寧に泳ぎをチェックするにはこのようなドリルを行なっていくようにしましょう。


キャッチアップドリルのメリット

何と言っても、丁寧にストロークの確認が出来る事にあります。


通常通り泳いでしまっていると、スピードが出ている為、多少のミスは帳消しにされてしまいます。
その為、悪い部分があっても気が付きづらいんですね。


その点キャッチアップは一つ一つのストロークを確認しながら行なっていくので、実は右のキャッチが上手く無かった!などなどの気付きが得られます。

キャッチアップドリルのやり方

難しく考えずに、手を前方で揃えず、まわしている通常の泳ぎを、前で両手を揃えて泳ぐようにするだけです。


身体のひねりなどを急に止めるのでなく、自然な流れの中でゆっくりと動かす事がポイントです。
通常の泳ぎと全く異なる動作をしても意味有りませんのでご注意を。


ひとかきひとかき、左右での違いが無いか等しっかりと確認を行ないながらやっていきましょう!



この記事は、youtube内『TRIATHLONLUMINA』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
もし引用されたくない等ございましたら問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル