犬かきスカーリングで速くなれる!

スポンサードリンク

水を捉えられるようになるとかなりスピードがたくさん上がります。
今回は犬かきを真似してドッグスカーリングをやっていきましょう。
スカーリングがかなり上手くなりますよ!


クロールのキャッチに効果的

今回は、通常のスカーリングと違い、片手ずつやっていきます。
そうする事でクロールのキャッチがかなり上手くなっていきます。


しっかりとクロールのキャッチで活用する事を意識してやっていきましょう。
これが出来ると水が重たくなるので、筋力トレーニングもしっかりとやりましょう。

どうやってやるか

まず最初にうつ伏せで浮きましょう。プルブイを活用してもOKです。
動画を見てまずはモノマネをしてみても良いですね。


意識すべきは肩甲骨から動かす事と肘の向きです。
最初は腕を伸ばすところからスタートしますが、肩甲骨から腕を長く伸ばすようにしましょう。
更にこの時に肘が上方向に向くようにコントロールしてあげるとキャッチがよりスムーズに進みます。


最初は前方でやるよりも胸の前位でやる方が関節が固くても動かす事ができるのでイメージがつきやすくなります。

脱初心者

とはいえいつまでも胸の前でやっていても仕方ありません。
最初にいっているようにクロールのキャッチで活用する為、前方でしっかりと水を掴む動きが出来る必要があります。


初心者の方は以下に気をつけてみてください。
・身体が左右にねじれていないか
・キャッチする位置は通常のクロールと同じ位置で出来ているか
・肘が上を向いているか


それぞれ非常に難しいですが、このポイントがしっかりと抑えられると初心者の域を脱出しています。

よりパワーアップできるようにするために

このトレーニングでは、水を掴む感覚を掴むだけでなく、しっかりと筋力を鍛える事が出来ます。
その為にはしっかりとしたフォームが必要ですが、鍛えたいポイントは広背筋です。


しっかりとスピードを上げてやった時に、前腕がつかれませんか?
前腕がつかれると言う事は広背筋が使えていないと言う事です。
主に改善するポイントは肘が上に向いている事で、肘が上に向いていると体重を手に乗せやすく背中が使いやすくなります。


なかなか単純で難しいスカーリングですが、しっかりと練習すれば必ず効果がでる練習メニューでもあります。
是非頑張ってみてくださいね!



この記事は、水泳 ドリル ドッグパドルより引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル