実は泳ぎに役立つ”犬かき”練習法とは!?

スポンサードリンク

犬かきってあるじゃないですか。
実は水泳では、素晴らしいトレーニングだったりするんです。


ドッグプルのやり方

通常のスカーリングと同様の姿勢を取ります。


この状況から、片手ずつクロールのキャッチを行なっていきます。
大事な事は肘を立ててスカーリングしてくことです。


通常の姿勢で横から見た場合、肩などの位置関係は下図のようになります。
normal-scull-position
この状態から肘を立て、しっかりキャッチができると前に進む推進力を得る事ができます。
good-scull

逆に肘を引いてしまうと、前に進む為の力を得る事が出来ず、ロスに繋がります。
bad-scull


しっかりと肘を立て、水を掴んだ状態から肘を引く事で更にスピードアップする事ができます。
キャッチの部分で水が掴めるようになると泳ぎのスピードがグンっとあがりますので水を使えるようになってくださいね。



この記事は、『平野司のDrill Lesson|course.4 ドッグプル』より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル