スーッと進む為の平泳ぎの練習

スポンサードリンク

体重移動を上手くなる事でもっと泳ぎが速くなる

今回はドルフィンキックと平泳ぎのプルを組み合わせたドリルをやっていきましょう。
映像の中ではフィンを使っていますが使わなくても問題ありません。
しっかりとした体重移動を身につけていきましょう。



今回のポイント

  • 1.ドルフィンキックのタイミング
  • 2.身体を前に乗せる
  • 3.通常のストロークに繋げる



1.ドルフィンキックのタイミング

今回は通常の平泳ぎとは異なり、ドルフィンキックを打ちます。
そこでタイミングが若干異なるのでそこからまずは始めましょう。

ドルフィンキックは引く動作を少なくすますことができます。
通常の平泳ぎのキックと同じタイミングで足を引いてしまうとその分抵抗になってしまうので
蹴るタイミングは平泳ぎと同じですが、引くタイミングを少し遅くするようにしましょう。


2.身体を前に乗せる

今回一番重要なポイントです。ドルフィンキックを打って推進力を得るのですが、そのタイミングで前に乗るような泳ぎを身につけてください。
前の水をつぶしてしまうのではなく、波を乗り越える感覚です。

なかなかいきなりやるのは難しいですが映像を見ながらしっかりとやってみてくださいね。
上手くいかない時はキックを大きくするよりもタイミングを上手くコントロールしてください。

3.通常のストロークに繋げる

フィンをつけていると出来ないドリルですが、ドルフィンキックの平泳ぎと通常のキックを交互にやることで通常のストロークに繋げていきます。

大事な事は2でやった前に乗せる動きを丁寧に平泳ぎのキックでも出来るようにすることです。
ドルフィンキックだとタイミングの調整がしやすいのですが、平泳ぎのキックでは調整が難しいのでがんばってくださいね。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル