良い泳ぎを作っていく為のバランス調整ドリル方法

スポンサードリンク

どうしても泳いでいると左右のバランスの違いが出てしまいます。
フォームをしっかりと都度都度細かく修正していきましょう。


オンボード片手クロール

片手クロールも、何も考えずにやっても上手くなりえません。
しっかりと目的を持ってトレーニングしていきましょう。


まず、得意な手の方の片手クロールをやっていきます。
やり方としては、ストロークしない方の手をビート板などに乗せて片手クロールを行なっていきます。
ビート板は握らずに手の平を乗せるようにしておきましょう。


得意な方をやる時には、手の軌跡や、力が入るポイントなどを一つ一つ確認をしていきましょう。
得意な方だとしても苦手に感じる部分があると思いますので、それも確認をしていきます。


続いて、苦手な方に移ります。
先ほどの得意な方の手の軌跡や力の入り方などなど、先ほど確認したポイントと何が違うかを確認します。
キャッチ、プッシュ、フィニッシュ、リカバリーなどシーンに分けて考えるとより整理がしやすくなるはずです。


全てを一度に直す事は難しいので、苦手な方を得意な方へ合わせていくように何度も繰り返していきましょう。
この練習は何度も繰り返していくと混乱をしてきやすいドリルでもあるので、1日2~3ポイントの修正程度にしておくと、混乱せず良いフォームで泳げるようになりやすいですよ。


ただドリルを行なうのではなく、しっかりと目的を持ってドリルを行なう!
このドリル以外でもしっかりと目的をもってトレーニングしていきましょう。


この記事は、youtube内『Triathlete』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル