バタフライの強化ドリル

スポンサードリンク

バタフライのパワーアップ

今回のトレーニングは、バタフライの手とクロールのキック、バタ足を組み合わせたトレーニングになります。
通常とは違った動きをするドリルになりますのでしっかりと意識を高めてトレーニングしましょう。

大事なことは、パワー!です。



今回のポイント

  • 1.タイミングを取る
  • 2.バタ足の切り替え
  • 3.腰の抜きを意識



1.タイミングを取る

今回はバタ足とバタフライの手を組み合わせます。一番難しいのはタイミング。
バタ足なのでタイミングがうまく取れなくても泳ぐことは出来ますが、しっかりとバタ足でもタイミングを取ることが重要です。

通常のバタフライである2キックのタイミングをバタ足に入れ替えていくのですが、
どちらかの足で(右足or左足)、そのタイミングをつかんでいきます。


2.バタ足の切り替え

さて、1で説明したどちらかの足を切り替えていきましょう。
右足でやっていた方は左足に。左足でやっていた方は右足に切り替えていきましょう。

どちらかのキックが得意なことがありますが、なるべく得意な方にレベルを合わせられるようにしましょう。


3.腰の抜きを意識

しっかりとバタ足でタイミングを取れた次は、腰の抜きを意識します。
ドルフィンキックだと非常に意識がしやすく進みやすのですが、バタ足だとなかなか意識しづらいです。

が、しっかりと腰の抜きをバタ足でも出来ることでドルフィンキックでやったときに更なる飛躍が待っていますのでがんばってトレーニングしていきましょう。

また、こちらの記事は、クロールとバタフライの手足が逆になったミックスになります。
こちらにもチャレンジしてみてくださいね。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

1 Response

  1. 2015.09.23

    […] Previous story バタフライの強化ドリル […]

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル