フィニッシュで進まない方向けのドリル方法

スポンサードリンク

泳ぎを整えていく為には、様々な泳ぎが出来るようになった方がよいのは言うまでもありません。
今回はフィニッシュ時の動きを良くするためのドリルをやっていきましょう。


フィニッシュを最後までかけているか

水泳で重要な事は、腕を伸ばすと言う事。
ストロークの時に腕を伸ばす事でより水をつかむことができ推進力を得る事ができます。


但し、腕を伸ばし過ぎると水を押しきれなくなってしまう方もいますのでご自身の腕のパワーとの相談が必要です。
水泳をやっている内に、腕のパワーがついているのに腕を伸ばし切っていない方もいるので今回はその矯正のメニューになります。


やり方は、簡単です。
太ももでビート板を挟んだ状態で泳いでいきます。
最後のフィニッシュが終わった後、ビート板を軽くタッチしてからリカバリーをしていきましょう。
フィニッシュの時までをしっかりと腕が伸ばし切れていないと、ビート板をタッチする事が出来ません。


タッチが難しいな、と感じる方は普段からフィニッシュが少し短くなってしまっているかもしれません。
一度矯正をしてみて、もしパワーが足りないようであれば腕を少し曲げてみて、パワーがあるようであれば、そのまま水をしっかりと後ろに押し切れるようにしましょう。



この記事は、youtube内『TRIATHLONLUMINA』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル