バタフライのフィニッシュを鍛えて泳ぎを滑らかにしよう

スポンサードリンク

バタフライは、難しい泳ぎと皆さん認識されていると思います。
いきなり全てをやろうとせずに、それぞれ分解してやることで難易度は下がります。
今回はフィニッシュのドリルです。


気をつけドルフィンキック

今回のドリルをやることで、「呼吸後にスムーズに前に進む」事が出来るようになります。
「呼吸後にスムーズに前に進む」為に、気をつけドルフィンキックをやっていきましょう。


ドリルでは、バタフライのフィニッシュの部分だけを抜き出して行います。
具体的には腰の前位に手を構えて、そこからフィニッシュだけをやりながら第二キックを合わせていきます。


この時に意識してほしいのが動作後に斜め下に滑る事です。
ただ、水を胸で押してしまうのではなく、目の前にある水を乗り越えていくイメージですね。


フィニッシュとドルフィンキックを上手いタイミングで合わせる事で、斜め下に滑っていく事ができます。
これが出来ると通常のスイムでも呼吸後に斜め下へ滑っていく動きが非常にスムーズになり、泳ぎがなめらかになります。


最初は大きくても構わないので、斜め下に滑る事を狙っていきましょう。
徐々に動作を小さくしても滑る感覚を掴めることで通常のスイムでも使える動作になっていきます。
呼吸後もスピードが落ちることなく次の動作に移れる為スムーズなバタフライを習得できますよ。



この記事は、youtube内『U.S. Masters Swimming』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
※動画元の皆様へ※
「リンクを張ってほしい」などございましたお問合せよりご連絡頂けますと幸いです。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル