己の限界を超えるためのドリル

スポンサードリンク

己の限界を超えるのだ

今回のトレーニングは己の限界を超えます。背泳ぎのヘッドアップを行いますが全力でぐるぐる回しましょう。
ただし、ただぶんまわすのではなくしっかりと目的意識をもってやりましょう。
背泳ぎを更に早くなりたい人は是非トレーニングしましょう。



今回のポイント

  • 1.身体を浮かす
  • 2.回転力をひたすらに上げる
  • 3.テンポを落として泳ぐ



1.身体を浮かす

今回のトレーニングはしっかりと身体を浮かしてトレーニングしていきましょう。
ただし、ここで注意してもらいたいのが、足がなるべく沈まないようにします。

上半身をしっかりと浮かすのですが、下半身が沈まないようにキックもしっかりと打ちます。


2.回転力をひたすらに上げる

さて、映像を見てわかるように今回は腕をぶん回します!
とにかくとにかくぶん回しましょう。

こういったトレーニングをやるときはしっかりと回転力を上げることに注力してください。
通常の泳ぎは崩れてしまいますが、とにかく肩を回すことを意識。やりきりましょう。


3.テンポを落として泳ぐ

とはいえ、しっかりと通常の泳ぎに繋げなければいけませんね。
では、どうやるのか。

テンポをいつものように泳ぎで見てください。
この練習をしてから通常のテンポに戻すと手がゆっくりと回っている感覚になります。
その感覚は間違いではないので、その感覚をもって丁寧にキャッチ、プッシュ、フィニッシュなどの細部を調整していきましょう。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル