ヘッドアップでキャッチ力アップ

スポンサードリンク

キャッチをより丁寧にやるために

クロールのキャッチ、ここが出来ればほぼ泳ぎは完成したと言っても過言ではありません。 一時期イアンソープのキャッチの部分が話題になりましたが、どれだけしっかりと水を最初に掴めるかが重要です。 しっかりとどんなシーンでも水が掴めるように、ヘッドアップのトレーニングを行っていきましょう。

今回のポイント

  • 1.まずヘッドアップをやってみる
  • 2.足を浮かせて
  • 3.キャッチに意識をおく

1.まずヘッドアップをやってみる

とにかく最初はヘッドアップをやってみましょう。 映像を見て、トライしてみましょう! と、いっても画面を見ながらいきなりできないので、やった方向けの事をもう書いていきますね。 ポイントとしては、アゴを前に出さない事が重要です。 どうしても慣れていないと呼吸をしようとアゴを前に出してしまいがちなのですが、 アゴを前に出すと腰が反ってしまい、万全な態勢で泳ぐ事が出来ません。 いきなり正面で呼吸するのではなく少し顔をひねりながらやるのでもOKです。

2.足を浮かせて

顔を出せたら次は足を浮かせます。 全身を浮かせられる事がもちろんベストです。 ヘッドアップの練習をやってもらうと顔が出ているけれども足が物凄く沈んでいる方が非常に多いです。 残念ながらその泳ぎでは泳ぎに直接役に立ちません。 しっかりとスピードを上げる為には足を上げる事が重要です。 ポイントはアゴを上げない事と、しっかりと腹筋に力を入れる事です。

3.キャッチに意識をおく

1、2ができた方はキャッチに意識を持っていきましょう。 今回のヘッドアップでは、手の回転を速くするか水をたくさんつかむかしないと前に進む事が難しいです。 下手な人だと沈んでしまいます。 キャッチでしっかりと水にのり、その水を掴む事。これを意識してください。 キャッチが苦手な方はスカーリングの練習なんかもやることをお勧めします。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル