キャッチを強化するためのヘッドアップスイム

スポンサードリンク

いろいろな姿勢が取れるということは、それだけ水を上手く扱えているということです。
今日はいつもと違った泳ぎ方をしてみましょう。


ヘッドアップの目的

今回のドリルは、通称「ヘッドアップ」といいます。


トップアスリートでもごく普通にやっているドリルです。
では、その目的とはどこにあるのでしょうか。


ひとつはキャッチをよりパワフルにすることです。
顔を浮かしていることで身体が沈みやすくなるので、それを支えるためにキャッチが必要になるわけです。

トレーニングのコツ

しっかりとしたヘッドアップをやるためには、注意しなければいけないことも含めてたくさんあるので、しっかりとポイントを抑えましょう。


まず最初に、身体をぶらさないこと。
左右にぶれてしまいがちですが、正面から見て顔が揺れないようにしましょう。


続いて、キャッチで泡を掴まないこと。
焦ってしまうとキャッチで泡を掴んでしまいがちです。空気を掴んでも全く進まないので焦らないようにしましょう。


最後にキックを打ち続けること。
ヘッドアップをしていても、身体全体が浮き上がるようにしましょう。
下半身が特に沈みやすいのでしっかりとキックを打つようにしましょう。



この記事は、より引用した動画・画像を元に独自解説しています。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル