背泳ぎの上級者向け練習方法、前ならえドリル

スポンサードリンク

背泳ぎは4種目の中で上を向く唯一の種目です。
上を向いたドリルはなかなか少ないですが、丁寧に行なっていきましょう。


前ならえドリル

背泳ぎの基本は、高く・細く・長く
しっかりと高いボディポジションをキープする必要があります。
その為に少し難易度が高いドリルをやりましょう。


今日やるのは、前ならえドリル。
通常はストロークしていくときは、手はぐるぐると回していきますが、今回のドリルでは、リカバリー途中でストップします。
身体の正面で手を挙げた状態でストップし、また次の手が来るまでその位置でキープ。


手が重力を受け、身体が沈みそうになりますが、しっかりとキックを打っていかないと沈んでしまいます。
キックを強く打ちつつ身体の高い位置をキープしましょう。
また腕の重力を感じつつ、反対の手でのストロークをより丁寧にパワフルにしていきましょう。


なかなか難易度が高いですが、確実に出来るようになればかなり早くなれますよ!


この記事は、youtube内『Natation pour tous』様の貴重な動画を引用させて頂き、解説しております。
何かご質問等があれば、画面下部のコメント欄よりご質問下さい。

swim media編集部
swim media編集部です。水泳に関する役立つトレーニング情報を皆様にお伝えしていきます。
swimsupport_banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事 関連記事 もっと見る

最新情報
お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル


お好み検索

キーワード


カテゴリ

種目


レベル